キミというseason

めぐる季節がすべて愛おしく思えるのは、きっとキミがいるから

HIKARI

Myojo12月号健人くん連載の「キミと暮らせたら」が凄い反響になったみたいで、

ついにJr.担の親友からもLINEが来て、

"読んだら感動すぎて泣いた、本当に素敵な人を担当にしたね!"

 

そう、いつまでも太陽みたいな人。

 

私も読んだ時に涙流しました。

あんな辛い過去を持ってた事実にじゃなく、

淡々とその過去を語った彼が、

もの凄い優しい言葉で、

誰かの力になりたいと、

強く願ってる彼のその思いに涙しました。

 

Popolo12月号にで、

勝利くんから健人くんへの言葉一部抜粋させて頂きました。

「あのテンション、あの言動、あの笑顔、

全部作り物じゃなくて、本当の健人くんだから。

ファンが知ってる健人くんが、

そのままの健人くんってすごいことなんじゃないかな。

いつも楽しそうにしてるし、周りへの影響力もすごいよね。」

 

周りにヒカリを与える存在。

 

そんな彼を、今日も1味方として見守り続けたい。

 

もっともっと大きくなるため

 

しばらく現場がないからか、

ストレスが溜まって、

最近あっちこっちの界隈に不穏な空気が流れているようで…

その中に、「#我々の理解の範疇を超えた中島健人」というタグに、

イラついた健人担をちらほら見受けられました。

まぁ…確かに愛のあるユーモアとただの嘲笑は違うよなーと、

そのタグの呟きが一般な人の目に留まって、

健人くんを変な人扱いされてるの嫌だから、イラつくのもわかります。

 

でも私は別にいいんじゃない?っと思う。

健人担になった人には、色んな入り方があって、

その中にも、どこかの先輩グループのファンや元々一般人の方が

"なんだwwこいつwww"から、

健人くんのことを目に留まった人は少なくはないと思います。

 

1ファンだから言うけど、

今のSexy Zoneの戦いまだまだ厳しいです。

一般認知度はともかく、ファンすら少ない状況の中、

いかにこのグループに興味を持ってもらうことが凄い大事です。

それもバラエティー選抜になって、宣伝期間じゃなくても、

テレビ出っぱなしの健人くんに与えられた役目ではないかな?と思います。

 

先日ある担降りアンケートから見た結果もその役目を果たしてるなーと思いました。

完全に事務所若手の入り口になった健人くん、

健人くんからファンになって、そして下に降りて行く……

ちょっと悲しいですが、

そのまま健人くんのファンになる人も一定な数いるので、

win-win状態では?

 

とりかく、

私は健人くん自身の魅力に自信しかないので、

最初は笑われても、

その中から絶対健人くんの虜になる人いるから、

いつでも(o'ω'o)ようこそケンティーワルード〜って両手を広げて歓迎してます♡